学生起業は失敗する?実体験をもとに具体的な解決方法を解説します

いまこの記事を読んでくださっている方は、

  • 起業に興味があるけど失敗するのが怖い
  • 実際に起業に失敗したらどうなるの?

そんな風に考えていませんか?

私も昔、企業で失敗するのが怖くてたまらなかったです。

でも今は無事事業を拡大させることができているので、最初は怖くても大丈夫ですよ。

今回は、ビジネス初心者の方が起業するときにやりがちな失敗を起業に不安を抱えている方の参考になるように解説していきます。

実体験に基づいて分かりやすく起業での失敗とその解決方法について説明するので、ぜひ参考になさってくださいね。

失敗例1.法人化を早まりすぎる

法人化を早まりすぎる法人化を早まりすぎるのは、起業の失敗例としてよくあるパターンです。

実際、私も利益が1,000万円以上出たわけではないのに法人化してしまいました。

法人化すべきタイミングは人によって異なりますが、「大体1,000万円以上の利益が出た場合、個人事業主よりも法人の方が税金の面で有利である」と言われています。

なぜそのタイミングなのでしょうか?

実は法人を設立すると、個人事業主の場合と比較して維持コストと手間が格段に増えてしまいます。

たとえば初めに準備する書類も、個人事業主であれば個人事業主開業届1枚で済んでしまうのに対し、法人を設立するとなるとかなりの量の書類を用意しなければいけません。

開業するときだけでなく、法人は個人事業主とは違って年に1回決算を行う必要があります。決算の際には法人税などの税金を納める必要があるうえに、用意しなければならない決算の書類の量も膨大です。

社長1人では到底片づけられる作業ではないで税理士さんを雇うことになり、決算代行の費用がかさんでしまいます。税理士事務所によって異なりますが、相場は大体8万円〜20万円といったところになります。

私の場合は一時的に利益が出せたこともあり、勢いで法人化してしまって手続きや資金繰りが大変であとあと泣きそうになりました。

この記事を読んでくださっている皆さんは、こういった過ちを犯さないように気をつけてください。

法人化を早まりすぎないための解決方法

法人化を早まりすぎないための解決方法年間1,000万円以上の利益を継続的に出し続けることができるようになるまでは、法人化するのではなく個人事業主としてビジネスを続けることをお勧めします。

個人事業主であれば役所に届け出る書類も、決算の手間も、人件費にあてるコストも削減することができます。

「起業」というだけで手続きが大変そうというイメージがあるかと思いますが、個人事業主であればそれほど難しくありません。

しいて言うなら年末調整や確定申告の手続きがちょっと面倒だと感じるかもしれないですが、年末調整や確定申告は税理士さんの力を借りなくてもインターネットでたくさん情報があるので1人でできます。

なので、ビジネスの規模がまだ小さいのであれば、個人事業主として活動するのは非常に賢い方法と言えます。

とにかく1,000万円ほどの利益が出るまでは個人事業主としてビジネスを続けるのが良いでしょう。

そうすれば、維持コストと手間を格段に抑えることができます。

失敗例2.在庫を抱える

在庫を抱える在庫を抱えるのも初心者によくある失敗例です。売れる前に商品を仕入れるというのは、初心者が1番やってはいけないことです。

私も初めてアパレル販売を行った際、やらかしてしまいました。

さて、ここでちょっと想像してみてください。あなたはアパレル商品の販売をしていたとします。

商品として洋服を仕入れますよね。仕入れた商品が売れるだろうと思って多めの在庫数で仕入れたらさあ大変。もし仕入れた商品が全く売れないとなったらどうなるでしょうか?

あなたは自分が欲しくもない商品を大量に抱える事になり、仕入れ代金もパーになってしまいました。

在庫を抱えるというのは、売れない商品を抱えるリスクと常に隣同士であり、仕入れ代金も無意味になることをあらかじめ考慮しておくべきです。

これは商品販売を行う際に1番気をつけるべきポイントです。

在庫を抱えないための解決方法

無在庫販売解決策としては、在庫を抱えないビジネスモデル、すなわち無在庫で商品を販売するのがおすすめです。

この方法なら、在庫が売れなくても資金をドブに捨てることになるという最悪な状況を避けることができます。

無在庫というのは文字通り、在庫がないことを指します。

「えっ、在庫がないのにどうやって商品を販売するの?」と思われるかもしれませんが、無在庫というはお客さまが商品を購入してから商品を仕入れるというビジネスモデルのことです。

つまり、お客さまが商品を買ったお金で商品を仕入れることができるわけです。

商品を仕入れてからお客さまに売る場合は、在庫が売れなかったときに仕入れ値がパーになってしまいますが、無在庫であればそのリスクに対応できます。

ゆえに無在庫は商品がどれだけ売れるかが不確かなビジネス初心者にとって、最適な販売方法と言えるのです。

学生起業の失敗例まとめ

学生起業の失敗例まとめこの記事の内容をまとめると、リスクヘッジ(起こりうるリスクの程度を予測して、リスクに対応できる体制を取って備えること)が非常に重要ということになります。

法人化を早まるのも在庫を抱えるのも、どちらもリスクをあらかじめ想定したうえで回避しようとするのを怠ったことによる失敗です。

特に学生起業家の場合は今までにビジネスをしたことがないので、知識や経験が浅く偏った情報に流されたり主観的になりすぎることが多いですが、最後まで読んでくださった皆さんならきっと失敗しないように対策できるでしょう。

ぜひしっかりとリスクヘッジしたうえでビジネスを楽しんでくださいね!

最新の口コミ記事

  1. 大阪・難波にある全身脱毛専門店『macaron(マカロン)』の口コミや評判

  2. 節水効果と洗浄力の高いキッチン用水栓金具『ミラブルキッチン』の口コミや評判

  3. 自己負担なしの結婚式2次会幹事代行サービス『2次会本舗』の口コミや評判

  4. 日焼けした肌や色黒の肌でも通える脱毛クリニック『JENNY CLINIC(ジェニークリニック)』の口コミや評判

  5. 5歳から高校生までのプログラミング・ロボット教室『LITALICO(リタリコ)ワンダー』の口コミや評判

Pick up!! 人気上昇中
  1. 新婚夫婦(カップル)専用の保険相談サービス『ゼクシィ保険ショップ』の口コミや評判

  2. 小さい子供のいるママでも通える脱毛クリニック『レジーナクリニック』の口コミや評判

  3. 看護師国家試験対策のネット予備校『吉田ゼミナール』の口コミや評判

  1. 夜用アイプチ美容液『Ailine(アイリーヌ)』の口コミや評判

  2. 睡眠の質を改善するサプリ『深い眠り』の口コミや評判

  3. 白髪世代の女性のためのサプリ『KURONe(クローネ)』の口コミや評判